すべて国民は、個人として。

批判されるのが嫌で、個人の意見を言えなかった。

「ご説明いたします」は正しい敬語?

敬語の中でも相手の動作を敬う意味で、「お」や「ご」をつけることがあります。反対に自分がする動作にはつけません。では「ご説明いたします。」という言葉は正しい敬語なのでしょうか。

 

おさらい

その前に敬語についてのおさらいです。敬語にはざっくり言って三つの種類がありました。
 
  • 尊敬語
  • 謙譲語
  • 丁寧語
まず尊敬語とは相手のことや相手の動作、相手に近い人を敬って(高めて)使うものです。例えば「Aさんが見る」であれば「Aさんがご覧になる」と「見る」の部分を尊敬表現にします。
 
謙譲語は自分のことや、自分の動作、自分に近い人をへりくだって(低める)使うものです。「私が見る」であれば「私が拝見する」となります。
 
丁寧語は言葉自体を丁寧に言うこと。上記の例だと「Aさんがご覧になります」や「私が拝見します」などですね。他にも「花」を「花」と言ったり、「着物」を「着物」と言ったりする美化語も丁寧語の一部です。
 
ちなみに丁寧語=敬語と勘違いする方がいますが、敬語は相手を敬って相手を立てるか、自分を下げるかが必要になるので「です」「ます」だけでは敬語で話しているとは言えません。
 

「お」や「ご」を付けると尊敬語になる

実は尊敬語の中にもいろいろな形があります。一般的な形をあげてみましょう。
 
  • 「〜になる」
例)お客さまがお帰りになります
     新作はご覧になりましたか
 
  • 「〜なさる」
例)どちらをご利用なさいますか
       お気になさらないでください
 
他にも「〜(れる)られる」や、「〜くださる」の形、「召し上がる」などの言い換え形があります。
 
そしていずれの尊敬語も言葉の頭に「お」や「ご」が付くことが多いということに気づきませんか?
 
帰りになります」
覧になりますか」
利用なさいますか」
気になさらないでください」
     
そうです。尊敬語を使うときは「お(ご)〜になる」、「お(ご)〜なさる」のように頭に「お」か「ご」をつければ、なんとなくそれっぽくなるということですね。
 

「ご説明いたします」は自分を高めることになる?

頭に「お」や「ご」を付けることで尊敬表現になることはわかりました。
 
ではこんな場合はいかがでしょうか。
 
「私が説明いたします」
「そのように伝えいたします」
 
いずれも自分の動作を敬語にしていますから、謙譲表現を使っています。しかし、頭には尊敬表現で使う「お」や「ご」が付いていますね。これは自分や自分の動作を敬っている(高める)ということになるのでしょうか。
 
実はこれらの「お」や「ご」は使う相手によって変わります。
 
上記の例の場合、その話題に出てくる人物が自分に近い人間なのか、相手に近い人間なのかにより、「お」や「ご」を付ける判断をします。
 
話題の対象が相手、または相手に近い場合
 
「(お客さまに対して)私が説明いたします」
「(社長の家族に対して)そのように伝えいたします」
 
 
話題の対象が自分、または自分に近い場合
 
「(自分の部下に)私が説明いたします」
「(自分の家族に)そのように伝えます」
 
このようにその言葉を使う相手が自分から近いか、遠いかで判断すると簡単ですよね。
 

まとめ

尊敬語、謙譲語の違いがわかっても、使うシーンによって迷うことが多々あります。
 
今回とりあげた「お」や「ご」もそのひとつ。謙譲語は自分を低めなければいけない!と決めつけてしまうと、その考えにがんじがらめになってしまいます。
 
誤った敬語を使うことは極力避けたいですが、相手を敬う気持ちがあれば、間違いながらでも少しずつ使えるようになれば良いと思います。
 
ではまた!
 

※クレームの対応の個別相談も承っています。 コミュニケーション検定上級資格保持者がクレーム対応のコツ伝授します。

大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート

大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート

 
さすが!と言われる 話し方・聞き方のビジネスマナー 「敬語の使い方」から「評価アップのひとこと」まで

さすが!と言われる 話し方・聞き方のビジネスマナー 「敬語の使い方」から「評価アップのひとこと」まで